私的選挙速報2017・秋

紀伊半島旅日記の途中ですが、ここで選挙速報をお届けします。

 

10月22日。衆院選投票日。大型の台風が近づいており、もしかして日曜日、投票所にさえ行けないかもしれない、ってことは、私の生涯で初めての棄権ってことにもなりかねない、、、と悩んだけれど、期日前投票ではなく、当日に投票することに決めたのだった。

もちろん、目指すは一番乗り。零票確認の権利を得るのだ。

 

前回の都議選はライバルに負けたため、箱が3つ(選挙区・比例・国民審査)ある今回は相当がんばって、5時20分起床。5分で着替え、投票所には5時40分前に到着した。空はまだ暗い、上に強雨。とりあえず見たところ、いつものライバルおやじの姿はない(ライバルおやじはいつもマイ椅子を持ってきており、投票所入り口にどっかと、腕組みをして座っているのが常である)。

投票所入り口に近づくと、ライバルおやじではないおじさんが長靴を脱いでスニーカーに履き替えていた。はっ。もしかして、あのライバルおやじ以外に別の刺客が・・・とびびっていたら、そのおじさんはさっさと中に入って行ってしまった。数分後戻ってきたおじさんに声をかけると、果たしてそのおじさんは選管の人で、この時点で私が1番乗りと確定(朝5時47分)。やったー!!!

 

恐縮なことにパイプ椅子を出していただき、そこに座って7時を待つ。ライバルおやじは何時頃に来るのだろうか。一番乗りの私を見て、何か言うかしら。少しドキドキしながら、本を読んで待つ。雨はさらに強くなり、さすがにちょっと寒くなってきた。この日のために買ったウインドブレーカーが役に立つ。

 

6時20分頃になると、係員や警察など、関係者が続々やって来る。いいなぁー。選管の中の人になりたいな。しかし、皆非常に忙しそうで、声はかけられない。特にこの荒天なので、いろいろ大変そうである。

この投票所だけで、何人の係員がいるんだろう。この投票所は中学校なのだが、看板を立て、床にリノリウムを貼り、パソコンを設置し、各種設営をし、、、やっぱり選挙って、本当にお金がかかっていると思う。

 

っていうか、6時45分を過ぎても、ライバルおやじは現れない。奴、期日前に行ったのか。まぁ確かに、今回は賢明な判断であると言えよう。2番目の投票者がやってきたのは6時55分。零票確認のことを知らない通りすがりのご夫婦で、あやうく抜かされそうになるも、選管の人が説明してくれ、事なきを得た。

 

で、朝7時。ガランガランという鐘の音とともに投票スタート。3つの箱の中が空っぽであることを確かめ、清き一票を投じる。

投票所を出ると、雨は相変わらずなものの、空は明るくなっていたのだった。

今回は勝利、圧勝と言っていいだろう(あと1時間は寝れたな。。。)。もちろん、帰宅して爆睡したのは言うまでもない。

 

以上、選挙速報でした。

【2017.10.22 Sunday 15:01】 author : moriyaan518
| - | comments(4) | - |
ぐるっと紀伊ハンター 11

白良浜でまったりした後、バスに乗って「三段壁」へ。火曜サスペンス風の、断崖絶壁の絶景。ここに追い詰められることのないよう、まっとうに人生を歩もう。

それにしても、暑い。真夏並みの体感。少しくらくらしてきたし、顔は朝日の影響か、ヒリヒリしてきたし。

ということで、白浜駅から、1本早い「くろしお」に乗変し、和歌山駅を目指す。

長い電車旅の中で、白浜〜和歌山までの「くろしお」が、一番楽しみだった。

車窓からは、この景色。

 

隣の車両が展望デッキだったので、そこにも足を延ばしてみた。海に向かう大きな窓。それを見るためのソファや椅子もしつらえられているのだが、誰もいない!くろしおは混んでいるのに。しばし、この風景を独り占めしたのだった。

憧れだった、ぐるっと紀伊半島電車の旅。太平洋を満喫できた。そして「くろしお」は和歌山駅に到着したのだった。

 

【2017.10.21 Saturday 23:44】 author : moriyaan518
| - | comments(0) | - |
ぐるっと紀伊ハンター 10

なんじゃこりゃぁーーーーーーーーー!!!!!!!!

 

どこの南の島なのだ。これが本州だというのか。

なんなんだ、この”南の海”感。

浜辺では子供が雄たけびをあげながら、服のまま海に突っこみ、若いカップルは波打ち際でこの世の春を謳歌している。

外国人も、年配のご夫婦も、とにかく皆笑顔で波とたわむれている。良き光景かな。

かくいう私も。気持ちいい!

 

海が見たいと思って来て、こんな理想的な海に出会えるなんて、シアワセだ。

いろいろあるけど、がんばってこ。

 

木陰で一休み。私の父方の祖父は「雨のち晴れ男」と呼ばれていた。頻繁に孫たちを旅行に連れて行ってくれたけど、毎回「雨のち晴れ」だったからだが、私もその血を受け継いでいるのかも。一昨日の豪雨から、今日の晴天。そのまましばし、海を見ていたのだった。

【2017.10.20 Friday 23:11】 author : moriyaan518
| - | comments(0) | - |
ぐるっと紀伊ハンター 9

串本に別れを告げ、念願の特急くろしおに乗って、白浜へ。白浜でいったん下車し、その後和歌山駅まで行くのが今日のスケジュールである。

もちろん、くろしおも海側・窓側。

 

車窓からはこの眺め!!

くろしお、サイコーである!

 

1時間弱で白浜駅に到着。

とにかく、パンダ推しがすごい。

駅の窓口も

駅前も

アーケードも

駅待合室の座布団(手作りなのがイイ!)に至るまで、ひたすらパンダパンダパンダ。

 

でも、今回はアドベンチャーワールドには行かないのだ。今度またゆっくりと訪れたいと思っている。今回は「海」「電車」「朝日夕日」を優先させた。

 

 

駅前からバスに乗って、白良浜を目指す。

 

白浜駅からのバス、アジアからの旅行客の多い事!日本人より多い。京都に住んでいても訪れることのなかった和歌山を、海外からやってくる多くの旅行客が観光しているなんて。

ちなみに、すっぴんに朝日を浴びたため顔がヒリヒリし始めたので、対策グッズを買うべく寄った白浜のドラッグストアの店員さんは中国語と日本語のバイリンガルだった。観光施設の中にある店とは言え、すごいな。。。ってことは、そのくらいアジアからの観光客が多いってことなんだなぁ。

 

白良浜でバスを降りる。

暑い!!天気予報では、最高気温29度って。夏か!!

すかさず梅ソフト。甘酸っぱくておいしい。昨日のぽんかんソフトと言い、ついついご当地ソフトクリームに弱い私。

 

梅ソフトを食べながら、海へ向かって歩く。ほどなく見えてきた風景に、言葉を失った。

 

【2017.10.19 Thursday 21:38】 author : moriyaan518
| - | comments(0) | - |
ぐるっと紀伊ハンター 8

朝5時に起床。

すぐさま、お天気をチェック。OK!雲なし!着替えてホテルを出る。

夜明け前。

東にも西にも海が開けている和歌山は、朝日夕日が美しいところ。晴れたら絶対朝日を見ようと思っていたのだ。

東の空が明るくなってきた。目指すは、昨日ぽんかんソフトを食べた橋杭岩である。

 

橋杭岩に着くと、けっこうな人が同じく朝日を待っていた。次々とやってくる。

待つこと数分。ご来光!(左上には飛行機雲も)

 

なんてきれいなの・・・。

日焼け止めを塗り忘れ、完全すっぴんでいることなど全く意識することなく、朝日を浴びる。ありがたい気持ちでいっぱいだったが、日光が直撃した顔は後ほどやや大変なことになるのだった。

 

朝日の美しさ。ありがたさ。

でもこれって、毎日毎日繰り返されていることなのだ。普通の、自宅で暮らす平日にだって、私の町に朝日は降り注ぐ。水平線から上る朝日は見られないけど、多摩の朝日だって美しいはずである。日常の中で見過ごしていること、たくさんあるんだな、と、橋杭岩の朝日を見てちょっと反省したのだった。

 

すっかり明るくなった空のもと、ホテルへ戻り、前日買っておいた南紀名物・さんま寿司をいただく。大変美味。

 

高台より望む、朝の光景。

さぁ、今日は暑くなりそうだ。

 

 

【2017.10.18 Wednesday 21:17】 author : moriyaan518
| - | comments(0) | - |