<< 傘がない | main | 季節が沁みるお年頃 >>
花降る午後の選挙戦

選挙。白伊集院が笑顔でPRしていた、東京都知事選挙の日である。投票所に出かける選挙はかなり久々なので、なんとなく盛り上がる。
このブログでも何度か書いているけど、「生涯投票率100%」ってことが、私のちょいとした自慢だ。ていうか、民主主義の世の中、投票率100%って、別に自慢でも何でもないのだけど、「早く20歳になって投票権がほしい」と切実に願っていた小学生の頃の自分に対しては、唯一(と言えるな…)誇れることだったりするのだ。
投票なんてほんの一瞬だけど、投票の度に「ああ、私も投票権を有する大人なんだなぁ」と改めて思ったりして、ちょっと気が引き締まる。小3の私よ、まだ私は生涯投票率100%を保っているぞ。
2週間後には再度、市議会選挙がある。7月には参議院選挙もあるし、俄然選挙に燃える私なのだった。
【2007.04.08 Sunday 22:08】 author : moriyaan518
| - | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2019.11.20 Wednesday 22:08】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://moriyaan518.jugem.cc/trackback/1058
トラックバック