<< 満開の京8 | main | 声のレッスン >>
満開の京9

同志社大学を出て、東へ。

賀茂川土手に出てみた。

曇天ながら、桜はキレイだ。

満開の桜を潜り抜ける。醍醐寺の桜も憧れだったけれど、賀茂川沿いの桜の下を歩くのも夢だった。

 

出雲路橋から出町まで、川沿いをブラブラ歩く。出町では、一瞬「ふたばの豆餅」という言葉が浮かんだが、店に近づくことも難しいほどの行列に恐れをなし、出町枡形商店街(この商店街、なんか好き)の中で阿闍梨餅を扱っている小さなお菓子屋さん(マツヤ食料品店)で阿闍梨餅をまとめて購入。お店のおっちゃん曰く、「今(阿闍梨餅が)着いたとこや。ちょっとあったかいで。ほら、触ってみ?」。触るとほのかに温かく、お土産とは別にバラで1つ買おうとすると、「おまけしといたるわ」。おおきにおっちゃんー。

ほのかに温かい阿闍梨餅。少しお行儀は悪いけど、即いただきました。いつもより、美味しい。やっぱり、大きいデパートで買うより、次もここで買お。

(そして阿闍梨餅減産のニュースを東京に帰ってきてから知った私であった)

 

満開の京、3日間。とにかく桜、見まくった。1年分見た。これだけの満開を満喫できる機会も、そうそうあるまい。良き旅でした。

 

 

・・・と、東京に戻ると、全然桜はまだ残っており、というか、近所はまさに満開で、東京に戻った次の朝、近所で撮った1枚がこれ。

やっぱり、桜は青空が映えるな、と再認識。あー。

【2017.04.21 Friday 23:23】 author : moriyaan518
| - | comments(0) | - |
スポンサーサイト
【2017.05.29 Monday 23:23】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする