<< 夕焼け | main | もしもわたしが >>
悲しいことがあると

悲しいことがあると。

 

革の表紙は開かず、オマリーの歌う「六甲おろし」を聞く。ヨーロピアンシュガーコーンを食べる。ストレッチポールに乗っかる。中川家の漫才動画を見る。疲れた時も然り。

 

こういう対処法、いくつか持っておくべきだな、と思う。

オマリーには何度も救われている。この意味では、バース級のナイス助っ人外国人であると言えよう。ありがとう、オマリー。

 

 

【2017.09.14 Thursday 22:11】 author : moriyaan518
| - | comments(2) | - |
スポンサーサイト
【2017.10.22 Sunday 22:11】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
夕焼け、田園、庭園、どれも癒される写真ですね。
写真家に転身してみては!

それから私事で恐縮ですが、
サツキモノのアドレスメールに連絡事項がありますので
見ていただけると嬉しいです。
| かごんまの林 | 2017/09/15 5:32 PM |
どうしてもオマリーの六甲おろし=コサキンソングのイメージが強い私。
本人は真面目に歌っていたかどうかは分かりませんが、人を和ませる歌唱力を持ったオマリーは偉大な存在なのであろう。
| fu | 2017/09/16 10:00 AM |
コメントする