<< プリティ電車 | main | ぐるっと紀伊ハンター 2 >>
ぐるっと紀伊ハンター 1

旅だ。

一人旅に出よう。

海を見よう。電車にも乗ろう。

 

と思い立ったのが2週間ほど前。そこから大急ぎでプランを立てた私である。

行先は、紀伊半島。かねてより紀伊半島をぐるっと回ってみたかったので、鉄道マニアの友人に聞いたりしつつ、慌ててもろもろの予約を取った。

 

まずは、10/6(金)。平日である。仕事がある。とにかく黙々と働き、定時を過ぎたら名古屋へ向かう。会社を出ると、土砂降りだった。天気予報では、「東海・関東の太平洋側は大雨」と言っている。そうだ。私は雨女だったのだ。最近ちょっと忘れてた。

 

連休直前の金曜ということで、東海道新幹線の品川駅はものすごく混んでいる。どの新幹線も満席続きだ。予約しといてよかったー。。。と乗り込んだ新幹線は、N700系ではなく、窓際の席を取ったのに、充電コンセントがないじゃないか!この時点でスマホの電池残量は30%を切っていた。じゃ、モバイルバッテリーから充電するか、と思ってカバンを見るが、ない。忘れてきた。おぉ。これはまずい。

貴重なスマホの残電池を使い、新幹線が名古屋に到着する21時28分以降にモバイルバッテリーが買えそうな家電屋さんが名古屋駅周辺にあるかどうかを検索検索。名古屋駅からほど近いヤマダ電機の営業時間が夜10時までと判明。ヤマダ様様!

 

予定通り名古屋に着くと、暴雨と言ってもいいくらいの激しい雨であった。風も強く、ものすごく寒い。駅の辺りはけっこう人も多かったが、この人ごみの中に、当然ながら知っている人は誰もいないのだな、と思うと、寂寥感が湧いてきた。いやいや、とにかくヤマダ電機を探し出さなければならない。

 

方向音痴の私をいつも導いてくれるスマホの地図アプリだが、混み入った都市部では実はけっこう使いづらい。アプリでは見えていない地下道でつながっていたり、建物がすぐそこに見えているのに、実は回り道をしないと中には入れない、といったことがままあるからだ。そして、すでに電池残量20%を切ったスマホなので、ずっと頼るわけにもいかない。一度見た名古屋駅の地図を目に焼き付け、「おそらくこっちだ」という野生のカンで小走りに進む。私の「おそらくこっちだ」はたいてい外れるのだが、この時ばかりはなぜか正解で(それでもちょっと迷ったけど)、無事、21時44分、確保!(←モバイルバッテリーを)

 

まだ名古屋に着いたばかりだけど、ひとまず続く。

 

【2017.10.10 Tuesday 23:33】 author : moriyaan518
| - | comments(1) | - |
スポンサーサイト
【2017.12.11 Monday 23:33】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
かつて晴れの国と何度も死闘を繰り広げた森川さん。さすが、雨女は健在ですね(笑)
| JuNya | 2017/10/17 6:35 AM |
コメントする