<< 島じまん | main | シビレル >>
疲れたら、タマキング

大好きな旅行エッセイスト、タマキングこと宮田珠己さんの本を数冊読了。

最初に読んだのは、知り合いに借りた「私の旅に何をする」で、これが2000年出版の本だから、かれこれ18年間、別ずーっと追いかけているわけではないけれど、時よりタマキングブームがやってくる。

 

宮田珠己さんの何が好きって、ただひたすら面白さだけを追求しているところ。

深い事。教訓めいた事。全然無い。ただ、おもしれー!うひゃー!とか言いながら読む。そこが最高である。

 

振り返ると、いろんなことに疲れた時にタマキングブームが来ているようだ。時には考えない。おもしれー!に身をゆだねる。後には「なんか、すっげーおもしろかった」「あー、旅に出たい」だけがほんのり残る。

 

疲れた時の処方箋・タマキング。偉大なり。

 

【2018.05.28 Monday 23:26】 author : moriyaan518
| - | comments(0) | - |
スポンサーサイト
【2018.09.22 Saturday 23:26】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする