<< 夏はじめ | main | お札を納めに >>
がんばれ、ハエ

6月1日から3日までの3日間限定で上映されている映画『マッキー』を見に、立川シネマシティへ。

どハマリした(いまだにハマっているけど)インド映画『バーフバリ』のS.S.ラージャマウリ監督の過去作品。すごく見たかったのでえらいぞ!シネマシティ!日本での上映権が6月3日で切れるらしく、これがほんとの最終上映。

 

主人公は、まさかのハエ。いや、元は人間の男の人だったのだけど、その恋人に横恋慕する悪い男に殺されてしまった後、ハエに生まれ変わり、復讐を挑む、というお話。は?なにそれ?なんちゅー話だ。

主人公がハエなので、ハエの姿が全編に渡ってスクリーンに映し出されているのだが、不思議なもので、途中からどんどん可愛く見えてきて、応援したくなり、やがて完全に感情移入して見ている自分に気づくのだった。ハエに感情移入する日が来るなんて。。。

 

とにかくひたすら面白い。伏線を生かしたストーリー展開と、ハエならでは(?)の復讐がとても痛快で、全編を通じて爆笑してしまった。劇場にも笑い声が溢れていて、いやー。やっぱり、ラージャマウリ監督、素晴らしいなぁ、としみじみ感じ入ったのだった。お近くの方、あと2回!なので、お時間ある方は、ぜひ。

 

で、明日は『バーフバリ 王の凱旋 テルグ語完全版』。ラージャマウリな週末は、続く。

【2018.06.01 Friday 22:54】 author : moriyaan518
| - | comments(0) | - |
スポンサーサイト
【2018.09.22 Saturday 22:54】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする