<< カラフル! | main | コンタクトとのコンタクト 2 >>
コンタクトとのコンタクト 1

恋とはどんなものかしら。

とはもう思わないけど、

コンタクトはどんなものかしら。

と思うところがあったので、コンタクトレンズを体験してみた。

 

目はそこそこ悪く、運転時や遠くをよく見る必要がある場合にはメガネをかけている。

が、”そこそこ”のままでキープしているため、「思い切ってコンタクトにしてみる」などという決断にも迫られず、ぬるぬると「裸眼、ときどきメガネ暮らし」で過ごしてきた。

 

まぁこのままでもいいと言えばいいんだけど、コンタクト(←ソフトの方)を一度体験してみてもいいのではないか。

 

ここで、ちょっと困った。

人間、コンタクトレンズにはどうやって遭遇するものなのだろう。どれが正しい出会い方なのか。

 

ということで、ネットで検索。

大手コンタクトレンズメーカーのサイトでは、初めてコンタクトレンズに触れる人向けの特設ページなどがあった。なるほど。便利。しかしたいていそういったサイトは女子高生が「初めてのコンタクトって不安、、、」的な設定になっていて、いい大人としてはなんだか面はゆいのだった。

 

次に、近所の眼科をネット検索。「コンタクト外来」というのがあるらしい。

使い捨てのソフトコンタクトレンズなら、かなり手軽に買えるようだけど、いい大人としては超安全策で臨みたいので、やはり王道と思われる「眼医者さんでコンタクト」というルートを取ろう、と決めたのだった。

【2018.07.12 Thursday 23:17】 author : moriyaan518
| - | comments(0) | - |
スポンサーサイト
【2018.09.22 Saturday 23:17】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする