<< 『極夜行』 | main | 食欲 >>
白と黒

結膜下出血になってしまった。

左目の、顔の外側の方の白目の一部分。と言っても全く自覚症状はなく、同僚とお昼を食べていたら「あれ、なんか、左目赤いよ!」と指摘され、知ったのだった。

不安になってネットで調べたが、わりとよくあることらしく、基本的には放っておけば白目の出血は自然と引いていくそうで、一安心。

 

やっぱり気になるので、手鏡で左目を見ようとするが、これがとても難しい。

黒目の内側の白目はわりと見やすいけれど、外側の白目を鏡に映すのは至難の業であることを知った。

黒目の外側の白目を鏡に映すには、黒目を右側に寄せる必要がある。が、そうすると右を見ている自分が正面に映ってしまうので、見たい白目が鏡から離れてしまう。手鏡をいろんな位置、いろんな角度に動かしてみたけれど、全然見えない。人間は、黒目で物を見ているのだなぁ、と改めて思い知ったのである。そしてこんなに近い白目が見られないなんて。灯台下暗しと言うか何と言うか。

 

そしてじろじろと自分の眼球を見ていると、目が球体であることがとてもリアルに観察でき、なんだか怖くなって手鏡を放り投げてしまうのだった。人体、こわいよー。

 

 

【2018.07.27 Friday 00:31】 author : moriyaan518
| - | comments(1) | - |
スポンサーサイト
【2018.08.14 Tuesday 00:31】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
お大事に。休息してくださいね。

CTの写真とか気持ち悪いですもんね。
| fuku | 2018/07/27 8:47 PM |
コメントする