<< 2018夏・西へ 8 | main | 2018夏・西へ 10 >>
2018夏・西へ 9

京都滞在2日目。今日も順調に暑い。

 

今日は母、母の友人と3人で奈良へ行くことに。

京都駅から近鉄特急に乗って、奈良へ!

 

京都が暑いということは、奈良も暑いということで、鹿もぐったり。

 

一人別れ、私は興福寺の国宝館へ。久々の阿修羅像も良かったし、千手観音立像も気品と迫力があってステキだ。そして涼しい、、、

 

外に出ると、それはそれはすごい日差し。

でも、奈良の景色に夏空ってよく映える。奈良って、なんだかおおらかな雰囲気がいいなぁ、と来るたびに思う。

だいたい、その辺に鹿がウロウロしているなんて、やっぱり冷静に考えるとちょっとびっくりだけど、それが風景に違和感なく馴染んでいるもの。

 

吉野葛のお店でランチを食べ、近鉄特急で帰京。いいですね、近鉄特急。

 

京都駅から今度は一人、大津へ行ってみた。水辺の風景が見たくて。

琵琶湖。サイコー。私の産湯、絶対琵琶湖の水やもんな。母なる水。

琵琶湖畔では釣りをする人、散策する人が多く、オアシスなんだなぁ、と思う。

そして琵琶湖畔には蚊が多い、ということも分かった。

【2018.09.10 Monday 15:25】 author : moriyaan518
| - | comments(2) | - |
スポンサーサイト
【2018.09.22 Saturday 15:25】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

読み通すには一頑張りが必要かも。
読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
ネット小説も面白いです。

面白ければネタバレ無しで口コミを宜しくね。
| omachi | 2018/09/10 3:04 PM |
理想は湖西に住むことです。
| fuku | 2018/09/10 7:31 PM |
コメントする