<< 西のマンホール | main | あの兄弟 >>
スパイス・スパイシー

先日、友人とカレーを食べに行った。

カレーは一人でもよく食べに行くけれど、いつも思うことがある。

 

よく分からないスパイス的なものがいっぱい入ってるけど、これは全部食べるべきなのか。

 

ちゃんとお店で出てきているものなので、食べたら毒、みたいなものはさすがにないだろうけれど、口に入れてみたらけっこうスパイシーだったり、やたら固かったり、「あくまで風味出す用に入ってます」みたいな風情だったりして、いつももやもやしてしまう。

 

タイ料理なんかでもそう。

タイカレーによく入っているコブミカンの葉っぱは、「あくまでも風味出す用に入ってます」という風情を醸し出していたため、齧ってはみたけど嚥下はしなかったのだが、後でちょっとネットを見ると「タイ人でも普通は食べない」とあり、危ないところであった(食べてももちろん大丈夫だけど)。

 

で。カレーは結局スパイスも何もかもすべて完食。大変美味しかったけれど、毛穴がドバーッと開いて汗だく。

スパイス。すごいぞ。とりあえずはすべて嚥下する方向で対峙してみようと思ったのだった。

 

【2018.09.14 Friday 23:35】 author : moriyaan518
| - | comments(0) | - |
スポンサーサイト
【2018.09.22 Saturday 23:35】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする