<< スプーンおばさん | main | ICW リターンズ その2 >>
ICW リターンズ その1

今日はキネカ大森にて「インディアン・シネマ・ウィーク(ICW) リターンズ」。

日本では公開していない(多分)インド映画を見ることができる貴重な機会なので、12月23日、24日の2日間はICWで埋めることにしたのだった。どうせ予定ないしな。

 

本日(12/23)はその1日目。2本鑑賞。

『ならず者たち/GUNDAY』(2014年/ヒンディー語)と『神が結び合わせた2人/RAB NE BANA DI JODI』(2008年/ヒンディー語)。

映画評を書けるような人間ではないので、ご興味ある方はご専門の方の評を見ていただくとして、、、

 

今年インド映画を初めて見た超にわかの私でもこの2本、楽しめた。

『ならず者たち』はアクションもの、びっくりするほどのいい男といい女が出てくるし、歌うし、踊るし、実は社会的な背景もあり、豪華絢爛なマサラムービー。

『神が結び合わせた2人』はラブコメなんだけど、切なくもあり、個人的には「それ、ちょっと残酷なんじゃないか」とか「夫、野暮天すぎ!」などいろいろ感想はあるものの、ハッピーな映画でほっこり。日本も出てくる(←爆笑した)。

 

とにかく、1日目ですでにお腹いっぱい!2本とも結構長い(152分と164分)し、これでもか!と歌も踊りもドラマもアクションも詰め込みまくり。もうちょっとスリムに出来るんじゃ。。。と思うところがないわけではないけれど、映画=娯楽という精神がベースにあって、だからこそじゃんじゃんサービスしちゃうぞ、な内容になっているんだなぁ、と思った(最近では新しい作風の映画もあるようですが)。

 

明日は163分と178分(!)の2本。インド映画、浴びるぞー。

 

 

【2018.12.24 Monday 00:47】 author : moriyaan518
| - | comments(2) | - |
スポンサーサイト
【2019.05.21 Tuesday 00:47】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
野暮天の響きに、なんだか笑みが
ともあれ?
メリークリスマスです
1日早いのでしょうか?
| miz | 2018/12/24 2:55 AM |
ミュージカル的な感じでしょうか。
ポセイドン石川にはまり中。
メリークリスマス。
| fuku | 2018/12/24 5:29 PM |
コメントする