<< サツキのサツキモノ2019 | main | 5月のバイオリズム >>
本の館

昨日、ライブ前の時間を使って、東洋文庫ミュージアムに行ってみた。

東洋文庫ミュージアム、初めて行ったけれど、とにかく本、本、本・・・

それもそのはず。ここ、蔵書数95万点の”図書館”でもあるのだそうな。

まぁ、専門書ばかりなので、私なんぞには全く関係ないんだけれど、「人間の知」が集まるところ。

そして、フラッシュをたかなければ基本的には撮影OKというおおらかさ。

博物館としてより、図書館としての意義を鑑み、撮影OKにされているのだとか。

非常にフォトジェニック!(時々、館を貸し切って撮影会なども行われるのだそう)

お庭もきれい。奥はレストランになっていたんだけど、満席のため特別メニュー「タンドリーチキン」は断念・・・無念である。

 

5/19まで「インドの叡智展」をやっていて、この日はワークショップがあったので、参加してみた。

指導の先生は、テキスタイルの専門家。古く、非常に質の高いインドの織物、染め物など個人蔵の品を展示してくださっていた。

絣はインドが発祥なのか・・・

ミュージアムを回った後は、インドの木のハンコを使ってカードとしおりを作成。まぁ、作成と言ってもはんこ押しただけなんやけど、でも、孔雀もペーズリー柄もステキ。

 

静かで知的な時間を過ごすには、東洋文庫、素敵なところ。自分の中の知性はかなり衰えてきているけれど、たまには知的なものに触れなければ。

【2019.05.13 Monday 21:41】 author : moriyaan518
| - | comments(0) | - |
スポンサーサイト
【2019.11.20 Wednesday 21:41】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする