<< オールドファッション | main | ポップコーン問題 >>
新聞紙の行方
IMG_2992.jpg
自宅マンションの畳替え。引っ越し多めの我が家なので、実は畳替えは初めて。
畳を剥がしてビックリ。あれ?新聞紙は!?

住んでた家の畳が剥がされた様を目の当たりにしたのは今日が生まれて初めてなので何とも言えないが、畳の下には新聞紙が敷いてあるのが普通だと思い込んでいた。
「畳を上げての大掃除中、敷いてある新聞紙を思わず読み入ってしまう波平とマスオさんの巻」を読んだからなのか(あのサザエさんの4コマ漫画、妙に印象に残っているのだ)。

消費増税前で畳屋さんもお忙しいようで、少し時間はかかるとのことだけれど、新しい畳、むちゃくちゃ楽しみ。寝転んで、寝転んで、寝転び倒してやるんだ!
【2019.09.17 Tuesday 22:12】 author : moriyaan518
| - | comments(2) | - |
スポンサーサイト
【2019.10.21 Monday 22:12】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
2年前、当時の職場で畳替えをした際に昭和52年の大晦日の新聞が出てきました。
確かにあれは読み入ってしまう。波平さんやマスオさんの気持ちもよく分かる。
| fu | 2019/09/18 1:21 AM |
>fuさん
祖母の古い家を掃除していた時、昭和47年の新聞が
物置の床に敷いてあったのを見てびっくりしました!
確かについつい読んでしまうかも。
| 森川アキコ | 2019/09/27 11:39 PM |
コメントする